強靭なメンタルは出会いで必要な要素の一つ

モテるメンタル

異性と仲良くなるには、まず誰かと知り合うところが始まる。

前にも記事で書いたかもしれないが、女性からほいほい寄ってくるなんて、こっちが超お金持ちか超イケメンのどちらかだろ?

それがない一般男は出会いの場所をいかにして見つけるか?そしてそこで嫌なことがあっても心を折らずに頑張るしかない。

こんなことを書いてるが、自分も女性との知り合いではいいことはほとんどない。この性格もあって、好印象を持たれることが少ない。

まぁ仕方がないと諦めているがそれはダメだと思っている。少しでも自分を変えたいからこのようにブログで記事を書いてるのだし。

ここで1つ事例をあげたいと思う。

最初の出会いで致命傷を喰らうことも

これは自分の話だ。

これは数年前の話。合コンというか飲み会に参加したことがある。そこで自分はそれなりに楽しんで酔った。

そして、尿意を催してトイレにいった。そこでスッキリしてトイレのドアを開けようとすると外から女性たちの声が聞こえてきた。

「あのニタニタ笑って1人で酒飲んでる人気持ち悪いよね?」

「わかる!あの人と話してもなんか自慢ばっかりしかしないし早く席替えしてほしかった」

こんなことをいってた。その男とは私のことと分かるまで5秒もかからなかった。これを聞いた自分は合コンが投了。席に戻ってからうつむき加減で話すこともなくただただ酒を飲むだけだった・

もちろん二次会もいかずに。

1人で帰宅した自分は家にある安いウイスキーをがぶ飲みして寝た。次の日は酷い二日酔い。別に楽しくもないのに二日酔い。

試合も勝負も負けた感じだった。

ボロボロのメンタルになっても諦めたら終わり

合コンでの苦い思い出はこのような感じ。

このあと、自分は合コンや飲み会に参加することは少なくなった。もともと、数合わせで呼ばれることが多かったが、それなりに楽しんでいた。

そこで思うことがある。このまま合コンとかにさんかしないと自分は出会いの扉を閉めることになってしまう。

このような催しでいやなことがあるからといって諦めたら次の出会いがなくなってしまう。

ここで大事なのは、

我慢してでも出会いのために我慢するか?

だ。

出会いのために嫌なことも許容する心が必要と最近感じている。今はコロナで飲み会はないが、終息して飲み会が復活したら参加したいなと思う。

そのためにも自分改革が必要だなと思う。もう少しメンタル強化して相手に好かれるようにならないとダメだろう。

久々にあの苦々しい飲み会を思い出した。これも将来はいい思い出なることを期待したい。そうじゃないと自分の人生辛すぎるw

タイトルとURLをコピーしました